2009年03月12日

ミステリが読みたい!〈2009年版〉

4152089776ミステリが読みたい!〈2009年版〉
ミステリマガジン編集部
早川書房 2008-11

by G-Tools


ああ、またしても書評本を借りてしまった。実はこれ以外にももう一冊(全然学習してないな:爆)

日本の若手ミステリー作家さんで好きそうなのあるかなーと思ったのです。
でも、これ読んで気づいた。
わたしの好みの傾向だと、どうやらちょっとオジサン向きのものを書いてる人のもの、もしくは本当にわたしよりもオジサンな人が書いたもの、を読んだ方がいいみたいです。

個別の投票者(書評家や翻訳家、作家さんなど)がどの本に投票したかの記事が一番面白かったかな。
好みの合いそうな人が推薦してる本なら確実そうだから。(実際、そういう人の推薦本の中には私の好きなものも入ってたし)
posted by ぷぅ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | etc.

2009年02月20日

翻訳家の仕事

4004310571翻訳家の仕事 (岩波新書)
岩波書店編集部
岩波書店 2006-12

by G-Tools


主に文芸を翻訳している方たちによるエッセイが集められています。

翻訳って本当に大変なんだなぁと改めて感じました。
「翻訳が好き」「素晴らしい作品を日本に紹介したい」と「どうしてこんなにしんどい仕事を始めてしまったのか」の間で揺れ動く気持ちがビンビン伝わってきます(笑)

元々、翻訳文学にあまり興味がなかったこともあり、「翻訳は文章が不自然。読みにくい」などと文句ばっかり言ってましたが反省しましたです。

自分が少しだけど語学を勉強してみて、つくづく翻訳って大変だよな、と感じることも多いです。
文化も違うし、文の構造が違うということは発想にも違いがあるということで…。
学校で習ったような逐語訳では何も訳してないのと一緒、ということもあるんですよね。

原文のニュアンスまでも訳そうとされるその努力に感服しました。
posted by ぷぅ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | etc.