2012年03月05日

文藝春秋 2012年 03月号

B006ZNF3VM文藝春秋 2012年 03月号 [雑誌]
文藝春秋 2012-02-10

by G-Tools


もうすぐ次の号が出ますが。
芥川賞受賞作が目的です。

受賞の直後に円城塔さんがローカルの情報番組に出てらしたのが手に取るきっかけになりました。
すごく興味はあったんだけど、なんだか難しいらしいという情報が先行してて少しビビってたんですね。
でも、TVの円城さんは素敵なジェントルマンで、なにより自作について「好きに読んでください。読み間違えたって構いません。小説ですから」と笑いながらおっしゃってたのが、気分を軽くしてくれました。
しかも、作家にとってはとても大切な創作ノートを公開するという、太っ腹ぶり。
その創作ノートがまた面白くって。図形ですよ、図形。
「これで100%完成してます。でも、このまま出版すると怒られるのでテキストに落とし込むんです」的なことを笑顔で話していられるのが、もう面白くって。
というわけで、わくわくしながら読み始めました。

文章は非常に明晰で読みやすいです。
だからといって作品を簡単に理解できるかと言うとそれはまた別の話。
でも、いいんですよ。作者が好きに読んでくださいって言ってらしたんだから(笑)
なんというか、タイトルに蝶がつくからっていうわけでもありませんが、ヒラヒラと気持ちよく翻弄されつつ読み終えました。
作中にわたしの好きな手芸いろいろがでてくるのもまたお楽しみ。
好き嫌いは確実に分かれるとは思いますが、わたしは好きでした。
他作品も読んでみたい。

SFも書いてらっしゃるし、インタビューによると南米の幻想文学もお好きだそうで、そういう作品が好きな方にはぜひお薦め。

何かと話題の田中さんの作品も面白かったです。
こちらはとても芥川賞らしい王道を行く作品。
中上健次を思わせます。文章はずっとすっきりと読みやすいです。
posted by ぷぅ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌

2006年10月13日

芸術新潮 2006年 10月号 クリムト特集

B000IFRV2W芸術新潮 2006年 10月号
新潮社 2006-09-25

by G-Tools


買っちゃいました。
クリムト好きなんですよー。

いやはや変わったおっさんですね(爆)
亡くなった時には「落とし胤だ!」という人が30人も現れたとか。
まぁ、そのうちには財産目当ての偽者も大勢いたようですが。

芸術新潮は好きな特集のときはつい買っちゃう。
で、好きな特集なので処分できない、結果、溜まる、という事態に陥りがち。

ちなみにつれづれ日記に書いてた若沖の特集ブルータスはこちら。
(アマゾンではマーケットプレイスでしか手に入りませんが、最寄の書店でバックナンバーを注文することも可能だと思います)

B000H30E7OBRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌]
マガジンハウス 2006-08-01

by G-Tools


一番欲しいのは↓これ。
でも、とても買えない……(涙)

409681881Xザ・プライス・コレクション
辻 惟雄
小学館 2006-08-11

by G-Tools
posted by ぷぅ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌

2006年03月08日

芸術新潮 03月号

B000EJ9JCW芸術新潮 03月号 [雑誌]
新潮社 2006-02-25

by G-Tools


パリに残る中世を訪ねる特集だったので買ってしまいました。
どうもこの手の特集には弱い(笑)

一昨年(そんなに前になるのかっ!:驚)にパリに行ったときに訪れたところなどもたくさん紹介されていたので、読みながらその時のことを思い出しました。
ああ、また行きたいなぁ〜。
posted by ぷぅ at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌