2005年09月12日

長い道

長い道長い道

夕凪の街桜の国』のこうの史代さんの作品です。

こちらも『こっこさん』と同時期に手元にやってきたのですが、どーも一気には読めなくて(笑)

というのは、面白いんだけど、なんか微妙で(笑)続きを読む
posted by ぷぅ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こうの 史代

2005年04月25日

夕凪の街 桜の国

夕凪の街桜の国夕凪の街 桜の国

昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。 (Amazonより)


マンガです。
Amazonで以前から何度もお薦めされていた本をとうとう購入しました。

とにかく一度読んでみてください、としか言えません。
思わず続けて読み返してしまったのですが、なんと言ったらいいのか未だに分かりません……。

静かで優しくて、でもとても深く考えさせられる本でした。
衝撃的な描写はないけれど、原爆の悲惨さが、未だに癒えない傷の深さが、ひしひしと伝わってきます。

こういうマンガこそ英訳して欲しい。
英訳だけでなく、フランスや中国、ロシア、インドなど原爆を持つ全ての国の人に読めるようにして欲しいです。

読むときは一人で家の中で読んでくださいね。
posted by ぷぅ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | こうの 史代