2013年01月07日

股間若衆: 男の裸は芸術か

4103321318股間若衆: 男の裸は芸術か
木下 直之
新潮社 2012-03-30

by G-Tools



書評サイトで目にして気になっていた本。
図書館に入荷してて、しかも普通に棚に刺さっていたので借りてみた。

内容は割と真面目に裸体表現と芸術とについて語ったもの。
各地の彫刻の写真など資料も多く、歴史的な観点からの資料も多く掲載され、かなり真面目な内容なんですが...。

タイトルを見てお分かりの通り、言葉の使い方が秀逸すぎます(笑)
秀逸というか、既に暴走してるというか(苦笑)

読みごたえはたっぷりです。
posted by ぷぅ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | か行

2012年12月18日

怖い絵

4255003998怖い絵
中野 京子
朝日出版社 2007-07-18

by G-Tools



先日読んだ『「怖い絵」で人間を読む』がおもしろかった中野京子さんの本をまたまた図書館で見つけたので借りてみました。

やっぱり面白い。
おお、そうだったのか!と目を開かれることが多いです。

ただ、こちら前述の本と記述がかぶっているところが数か所ありました。
同じ絵を取り上げてるから仕方ないですなぁ。
かぶってないところはやっぱり新鮮です。
posted by ぷぅ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | か行

2012年10月19日

学力と階層

4022617349学力と階層 (朝日文庫)
苅谷 剛彦
朝日新聞出版 2012-08-07

by G-Tools




内田樹さんが『下流社会』を書くきっかけとなった本だそうで、前々から気にかかっていたんですが、この度文庫になったので購入。そうそう、解説は内田さんです。

第一章はデータが多く、ちょいと読むのに気合が必要です。
が、それだけに説得力あり。

一番の問題は親の経済力などにより、子ども自身の学びに対するモチベーションが全く違っているということ。経済力の差で与えられる機会が違う、というのももちろん問題ですが、それ以前、学びに対する価値を見出せなかったり、っていうのはより大きな問題だと思う。

後半には教育に対する提言があります。
それにしても、不思議なんだけど、日本の政治家たちってどうして成功したといわれている北欧の教育改革より、失敗の見本ともいわれる英国のサッチャー政権下の改革や、アメリカの落ちこぼれゼロ法などに代表される改革が好きなんだろう?単に勉強不足なの?日本は違うと思ってるの?それとも本当は失敗させたいの?
posted by ぷぅ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | か行