2012年04月25日

地雷を踏む勇気 〜人生のとるにたらない警句

4774148709地雷を踏む勇気 〜人生のとるにたらない警句 (生きる技術!叢書)
小田嶋 隆
技術評論社 2011-11-01

by G-Tools


方々で面白いと聞いたので、図書館で借りてみました。

うん、確かに非常に面白い。
書き方はとても挑発的ですが、人々(特にどちらかというと弱者と呼ばれる人々)に向ける目線は意外に優しい。

日経ビジネスオンラインに掲載されたものなので、こちらからバックナンバーが読めます。(さわりだけですが)
posted by ぷぅ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行

2012年04月17日

先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!&先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!

4806713848先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!
小林朋道
築地書館 2009-07-09

by G-Tools



4806714003先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!
小林朋道
築地書館 2010-04-17

by G-Tools


気が付いたら随分続きがでてました。というわけで2冊まとめて借りてきた。(既にあと2冊出ている)→以前の巻はこちら
図書館さん、続きも買ってくれていました。ありがとう〜。

あいかわらずいろんなことが起きてます。
ホンマ、動物の生態って面白いわ〜。
すごく弱そうに見える生き物でも、身を守るためにがんばってるんですねぇ。

タイトルにもなっている脱皮したカエルがその皮を食べると言う話、確かにカエルの皮ってあまり見かけないかも。
ヤギのクルミの努力とド根性に感動。見習わなくちゃなんないわー。
posted by ぷぅ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行

2012年04月13日

ふしぎなキリスト教

4062881004ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
橋爪 大三郎 大澤 真幸
講談社 2011-05-18

by G-Tools


いきなりイスラム教徒よりも日本人にとっての方がキリスト教を理解するのは難しいって書かれててびっくりしたんですけど、多神教に馴染んでいるので一神教の考え方を理解することが難しいと詳しく説明されて納得です。
うん、確かに山にも川にも森にも神様がいて、もっと言えば仏教と神道が一緒に祭られてて、それを拝んでなんとも思わないんですもんねぇ。

キリスト教の成立に関する部分にはきっと詳しい方であればあるほど、いろんなご意見があると思われますので万人に受け入れられるかどうかは分かりませんが、とりあえずあまり知らないものにとっては面白かったです。

そして、創造論がある(いまだにそれを固く信じている人もいる)のに、キリスト教圏から科学が発達したことに関する考察などとても面白かったです。

対談形式なので読みやすいのも嬉しい。まぁ、それが故の掘り下げ不足なんかもあるのかもしれませんが。
posted by ぷぅ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | は行