2011年08月29日

外科の夜明け

4092510098外科の夜明け―防腐法 絶対死からの解放 (地球人ライブラリー)
J. トールワルド J¨urgen Thorwals
小学館 1994-12

by G-Tools


西洋の外科手術の発展について書かれています。

一読すると著者の回想録のようですが、回想しているのは架空の人物です。
なんちゅうか、ホンマに見てきたように書いてあるので、非常に読みやすい。

わたしたちが今普通だと思っている、消毒ですが一般的になったのはホンの百数十年前なんですねぇ。
麻酔の発見の方が消毒の必要性が認識されるより前だったとか、なんか意外。

この本は長い原著の一部なんだそうです。
posted by ぷぅ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | J. トールワルド

2011年08月22日

不思議な羅針盤

4579304349不思議な羅針盤
梨木 香歩
文化出版局 2010-12-17

by G-Tools


婦人誌の連載をまとめたエッセイ集です。
掲載誌の加減もあって、今までに読んだ梨木さんの他エッセイ集よりもストレートに社会問題を扱ったものは少ないです。一遍も短いし。

とはいえ、そこはやはり梨木さん。
根底には社会をしっかりと見つめる姿勢があります。

女性作家の本には珍しく、著者の私生活が見えてこないのも好印象。
生活については細やかに描かれているんですけどね。
posted by ぷぅ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | は行

2011年08月11日

君は永遠にそいつらより若い

4480426124君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫)
津村 記久子
筑摩書房 2009-05-11

by G-Tools


発表時のタイトル(『マン・イーター』)から改題されています。
うん、新しいタイトルの方が絶対にいいわ。

冒頭、唐突なシーンといきなり大勢の名前が出てきて、ちょっと面喰らいましたが、その後はもう一気に読んでしまいました。

主人公ホリガイ(登場人物をカタカナ表記するは津村作品の特徴。これが作風にハマってる)が、良い。
もうね、たまらなく可愛い。背が高くって奥手で、一生懸命なんだけど何かズレてる。
他の登場人物たちもどこか少しトボけていて可愛いです。

とはいえ、テーマやエピソードはかなり辛いものがあります…。

ホリガイはあるニュースをTVで見たことが、きっかけとなり進路を決めます。
唐突なようだけど、勢いでもしかすると世界すら救っちゃおうぐらいの決意をして、将来を決められるっていうのは若さの特権だと思う。その心意気や良し!って感じ。

けど、ホリガイ、それは愛なのか?本当にそうなのか?とは問いたくなっちゃった。
posted by ぷぅ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | か行